感じるままに連ねたい(連ねさせろ)

2017/3/25付けでブログを書き始めようと思いまして作りました。趣味興味に関すること、備忘録などをグダグダと書いていくブログです。

ワクワク感を大事にしたい

どうも。setrecです。

 

あー、腹立つ。腹が立つって言ってんだよ。

 

どうして、どうして急に誘うの?どうしてその日になってやっと誘うの?

そちらの予定が急に空いたから、って正当な理由じゃないでしょ。

別にあなたと交友したくないわけじゃないんだよ。どんな友人であれ、

急に呼び出す人間とは関係を断ちたいと思うんだよ。

 

例えばね、すでに遊ぶ約束はしていて、その時に「この後、○○行かね?」とかなら、

急でもまあ分かりますよ。別に冒険するのは嫌いじゃないですからね。

でもさあ、もともと会う予定がなかったときに「この後、○○行かね?」って

連絡してくるのは、本質的に異なるんだよなあ。

たとえるなら、「誕生日前に言われる『誕生日おめでとう』」と

「誕生日後に言われる『誕生日おめでとう』」くらい違う。

え、わかりにくい?雰囲気が違うんだよ雰囲気が!

 

要はね、私は「ワクワク感」が好きなんですよ。

共感してくれる人いると思うけどなあ。

だって、毎日、学校に通ってると同じようなことの繰り返しじゃないですか。

そりゃ勉強する教科は日によって異なるし、内容も違いますから、

完全に同じことの繰り返しだとは言いにくいですけど、

でもやっぱり表面的には「学校に通う」という同じ日を送っているわけですよ。

退屈しているんですよ。ただでさえ退屈なことに疲れてるんですよ。

 

それなのにあなたはそうやって急に呼び出すか。

 

むしろ、退屈な日々をずっと送れるのは、

「ああ、あともう数日耐えれば、○○のコンサートだ」とか

「今週末は○○と遊ぶ約束してるんだ、あと数日がんばろ」とかいう「ワクワク感」の

おかげだと思うんですよね。この事実を差し置くことは言語道断ですよ。

 

それなのにあなたはそうやって急に呼び出すか。

 

こういう人たちって、どうしてかなあ。逆の立場になって考えられないのか、

逆の立場で考えたうえで、そんなの知ったこっちゃねぇ!って誘うのか、

そもそも逆の立場であったときに、急に誘われることに抵抗がないのか。

どれに、もしくはまた別のグループに含まれるのかはわからないし、

性格って人それぞれですから、別に否定するつもりはないですけど、

もし、自分自身に、友人を急に誘う節があるのなら、

もっと「ワクワク感」に焦点を当ててみてほしいなあ。

きっと新しい素敵な感覚に襲われるはずですから。

 

以上。